ウイルス検査や正しい生活習慣で肝臓がんの対策をしておこう

内科での検査種類

手

梅田の内科では、様々検査を受けることができます。定期的に体の検査をすることで病気の早期発見ができ、一大事にならなくて済むのです。時間があるときに病院を訪れて検査をしましょう。

もっと見る

大腸の働きとは

院内

大腸の働きは主に水分吸収です。小腸から栄養が搾り取られた残りの栄養物はドロドロしています。これから水分を吸収して固めて便にするのが役割です。がん化すると大腸がんになりますが、その治療には外科手術が原則になります。

もっと見る

肝臓のがんの予防と治療

看護師

転移しやすいがんである

肝臓がんとは、肝細胞に発生するがんのことでありそのほとんどは他の臓器に出来たがんが肝臓に転移して出来るがんになります。肝臓がんは、基本的に外科手術がとられることが多くがんに侵された部位を切除することで完治させることも可能です。肝臓は、もともと丈夫であれば大部分を切除してもまた元通りに再生することが可能であり日本をはじめとする多くの先進国では肝臓がんは切除することで回復を早めることが出来ます。既に他の臓器にがんが広がっている場合や、がんの進行が著しく早い場合は放射線治療や抗がん剤治療なども合わせて一緒に治療が行われることもあります。一般的には、どちらかというと女性よりも男性に発症が多いと考えられています。

ウイルスの検査をしておく

肝臓がんの原因には、不規則な生活や疲れ、アルコールの大量摂取などが主に挙げられますがその多くは肝炎ウイルスによるものです。肝炎ウイルスに感染していることに気付かずに、そのまま過ごして肝炎を何度か繰り返しているうちに将来的に肝臓がんに発展することがあります。ウイルス肝炎の感染が早い段階でわかっていれば、対策を取ることも可能なのでウイルス検査を定期的に行っておくことが大事です。肝炎ウイルスに感染していても、肝臓器の機能が著しく低下する前に対処することが出来れば肝臓がんになったとしても治療の選択肢が広がることもあります。そのため、肝臓の機能を出来るだけ低下させずにその前に対策を取ることが大事になります。

がんに効果的な治療法

白衣

免疫療法は手術や放射線治療と言った、今までのがん治療とは異なり、即効性よりも継続して行う事で効果を得る事が出来ます。がんの進行具合や体調などによって効果の差がありますが、出来るだけ早い段階で免疫療法を行う事で効果が出やすくなります。

もっと見る

Copyright © 2016 ウイルス検査や正しい生活習慣で肝臓がんの対策をしておこう All Rights Reserved.