大腸の働きとは|ウイルス検査や正しい生活習慣で肝臓がんの対策をしておこう

ウイルス検査や正しい生活習慣で肝臓がんの対策をしておこう

大腸の働きとは

院内

大腸の働きには様々なものがあります。たとえば、水分を吸収して保持することが挙げられます。人間は食べたものを体内で分解消化させた上で栄養素を吸収します。そうして栄養分のなくなったものが排便されます。大腸はこの排便が出る肛門の直前のところにあります。大腸に送られるまでは便はドロドロとしていますが、大腸がその水分を吸収することで固くなります。これが大腸の役割の1つである水分吸収です。この大腸ががん化すると大腸がんになるわけですが、そのときにはお腹にある変化が生じます。それは便秘でもないのにお腹が張るように感じたり、腹痛を絶え間なく起こるなどの症状です。さわってみてしこりがあれば完全に大腸がんの可能性があります。

大腸がんの治療には三大治療方法というものがあります。外科手術、放射線療法、化学療法の3つが伝統的に大腸がんの代表的な治療法です。この中で最も治療効果が高いのは外科手術です。なぜなら直接がんそのものを切除することができるからです。そのため、基本的には治療法といえば外科手術が原則になります。もちろん、がんの進行度に応じて他の治療法が行われることもあります。外科手術にも種類があり、最も広く行われているのは結腸にがんが発生したときの手術です。がんの周囲10センチ程度の腸管を切り取って、残った腸管同士を縫合するという手術になります。このときにリンパ節にも転移している可能性がありますので、リンパ節も切除します。

Copyright © 2016 ウイルス検査や正しい生活習慣で肝臓がんの対策をしておこう All Rights Reserved.